不気味なキハ30

 東京は国立に鉄道総研というものがある。昔よくこの横を通ったが、何をやっているのやらさっぱり分からない。
 中には怪しげな改造車があるというし、研究施設なので入れないと思ったら一般公開日があった。Twitterで知ったので、行ってみた。

5D3A3947.jpg

 なんだこれは。
 恐ろしく似合わないカラーリングのキハ30 15。
 わたしは大抵の鉄道車両のカラーリングを許容というか笑い飛ばせる人間であるが、これは無理である(最近で無理だったのは近江鉄道の900形。でもあれももう慣れた)。

5D3A3858.jpg

5D3A3851.jpg

 外見は改造されていないようで、この形式最大の特徴である外吊りドアもそのまんま。

5D3A3784.jpg

5D3A3968.jpg

 そもそもの色が違うのであるが、首都圏色をイメージして。この下を見ると全てがぶち壊しである。

 なお隣には

5D3A3942.jpg

 関西で見るね、これ。という車両が。


 ところで、これは書かないとこちらも腹の虫が治まらないのだが(書いても収まらない)、ひつこくキハ30の前にいたせいか、職員が聞こえよがしに悪口雑言を口にする。内容は明らかにわたしに向けてのものだ。迷惑なら迷惑と当人に向かって直に言えば良いではないかと思うのだが。
 こちらだって苦情を持ち込まれてまでいる気は無い。
 常に高い倫理意識で公正・誠実とは言い難いその心根に腹が立ったので帰宅した。
 二度と行かないので乞御安心。
スポンサーサイト

上野〜越後湯沢〜福井〜米原〜高田馬場

 という片道切符で福井へ行ってきました。北陸には富山地方鉄道の新開業区間や黒部峡谷鉄道など未乗の線区がいくつかあるのですが、結局城端線と越美北線に絞り、残りは福井鉄道の200形狙い、というプランにしました。

5D3A2724.jpg
(城端)

 城端線は朱色5号のキハ47が走っておりました。ラッピングじゃないのが嬉しいところ。

 城端線を往復して福井に向かい、越美北線が出るまで時間があるので福井鉄道の福井駅前とえちぜん鉄道の福井駅を覗きに。

5D3A2748.jpg
(福井)

 わたしが福井を訪れたのは十五年前。その頃はまだえちぜん鉄道ではなく、京福電気鉄道の福井支社、でした。

スキャン 2014-9-23 0002
(1999/9/4)

 後ろの建物も仮設っぽいホームもあまり変わっていません。
 JR駅だけ北陸新幹線の延長を見越して立派な高架になったいるのが違うところでしょうか。

 福井駅前でちょっと待っていると、電車がやって来ました。

5D3A2751.jpg

 岐阜四線で運用されていた名鉄車、福井鉄道に譲渡されたと聞いていい買い物をしたな、と思っていたのですが、こうして実物を見るのは初めてです。岐阜四線の末期に行ったことがありまして、その時の写真はこちら

 越美北線のキハ120はなかなか派手なラッピング。

5D3A2766.jpg

 しかし、通しは一日四本、ホームは切りかけの2番線、昔なら0番線されているような扱いでいかにもローカル線。
 客は多く、その客は大野で大半が降りました。さらに意外にも九頭竜湖までは客は一人、というシチュエーションを想像していたら、高校生が三人乗ってきて、貸し切りにはなりませんでした。九頭竜湖まで行くと辺りは真っ暗で、運転手さんから乗車証明書をいただきました。

 これで阿房列車はひとまず終わり、明日から福井鉄道を堪能することになります。

都電deランドマーク

 しょうもないタイトルだ…。

IMG_8947.jpg
(荒川区役所前〜荒川二丁目)

IMG_8976.jpg
(熊野前〜東尾久三丁目)

IMG_9090.jpg
(学習院下〜面影橋)

 二枚目は、架線柱を抜くのが厳しくて三脚か一脚が欲しかったです。あればあったで「取り回しが…」と言いそうですが。
 面影橋はサンシャインビルが見事に隠れています。ここは、踏切を渡る人や、車交に注目すべきなんでしょうね。もう、サンシャインバックの撮影地という考え方は捨てる、と。

IMG_9047.jpg

IMG_9039.jpg

 熊野前での流し。わたしにしては珍しくよくできています(これでも)。

IMG_9130.jpg

IMG_9126.jpg
(面影橋〜学習院下)

 サンシャインバックのところの逆側です。白線内ですが、実際の所迫力どころか怖いです。
 軌道敷がその辺の歩道とほとんど区別の無い所が怖いと感じるポイントなのでしょうか。

IMG_9136.jpg
(学習院下)

 都電の旧塗装。こんな明るい感じではなかったような…。
 三ノ輪橋行きに完全に被られた、と思って後撃ちに切り替えたら、このお方のスピードが想像以上に遅くて間に合った、という。もうちょっと引きつけて撮りたかった。

 今日の反省点
 望遠ズームを持ってくること(85の次は200ってやっぱり不便)
 都電が遅いからと舐めてかかってSSを遅くしない

JR四国を乗り倒せ!

 夏の土佐電・土佐くろしお鉄道を諦めたものの、どういう訳か四国を攻略しなければという思いに囚われ、あれこれ考えたあげく、「JR四国の完乗」が目標に。
 というのも、11月はわたしの誕生月。JR四国には「バースデイきっぷ」というものがあって、1万円で特急の指定はもちろん、グリーン車も乗り放題。これを活用しない手はない。思えば迷惑な客である。もっとも、グリーン車の設定がある特急がそれほどなかったのであるが…。

 1日目
 高松空港〜高松〜鳴門〜徳島〜甲浦〜徳島
 2日目
 徳島〜阿波池田〜宿毛〜窪川〜宇和島〜(内子線経由)〜松江
 3日目
 松江〜(伊予長浜経由)〜伊予大洲〜多度津〜阿波池田〜岡山〜東京

 というルート。なかなか立案していて楽しいのだが、いかんせん強行軍。不出来なところは牟岐線や阿佐海岸鉄道が完全に夜にかかっている。これは2日目の予土線後半部分からもそうで、ただただ乗り倒すという只管打鉄である。
 多度津〜高松と予讃線の一部は既に乗っているのでこれで完乗できる。土讃線の佃駅で全線完乗を達成した。

 なんの予備知識もないまま行ったので、

スキャン 133090003

 とか、せいぜい

スキャン 133140008

 この程度のイメージだったので、

スキャン 133140006

 こんな新しい車両がいたのには驚いた。

スキャン 133140010

 予土線にはこんな派手な観光列車が走るが、これは乗って楽しむもので、四万十川流域の車窓は格別であった。
 ちなみに、この後ろのトロッコ列車は貨車の改造なので、人生初の営業中の貨車に乗車したと、言えなくもない。

 何はともあれ、JR初の完乗は四国になった。東海が先に片付きそうだったのだが、どこでどう転ぶかわからないものである。

名古屋から和歌山へ

 名古屋から特急を二本乗り継ぎ、和歌山へ。一泊して和歌山周辺の南海支線と本線に乗ってきた。
 紀勢本線はこれで亀山〜津を残すのみ。15.5キロ、わずか8%。こんな中途半端なのは特急が伊勢鉄道を通るため。しかし残りの368.7キロには乗車しているし、名古屋から比較的近いので、はっきり言ってやろうと思えばどうにでもなる。
 これは南海にも同じ事が言え、高野線の堺東〜極楽橋、鋼索線の極楽橋〜高野山を残すのみ。これもまあ、割合あっけなく片付くはずで、残兵を一箇所に追い詰め、包囲殲滅戦の仕上げも間近といったところである。

 和歌山電鉄貴志川線の方がやはり面白かった。南海の赤字路線が廃止されかかったのを地元の熱意で新会社で再スタートさせたのだが、思い切った車両を投入し、生き残りをかけた戦いをやっているところである。
 世界は広いが日本だって広い。海外旅行だと浮つく前に、日本の何でもないところを見よ、と言いたい。

 しかし、東京から和歌山というところは、やはりちょっと行きにくい…。
 そして和歌山は、道路は広いが人があまり…。
最近の記事
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
カテゴリー
月別アーカイブ
Twitter
プロフィール

syuusui

Author:syuusui
鉄道趣味者 国内地方私鉄派
写真者詭道也 則広角馬鹿

EOS 5D MarkIII
EF8-15/4L Fisheye
Carl Zeiss Distagon 2.8/15
SIGMA 20/1.4 Art
Voigtländer ULTRON 40/2 SLII N Aspherical
EF70-200/4L IS
TAMRON SP 70-300/4-5.6 Di VC USD
EXTENDER EF1.4×III
EXTENDER EF2×III
等々

EOS kiss X7i
SIGMA 18-200/3.5-6.3(Contemporary)

CONTAX Aria
CONTAX AX
Distagon 4/18
Distagon 2.8/35
Tessar 2.8/45
Planar 1.7/50
Sonnar 2.8/85
Tele-Tessar 4/200

ブログ内検索
日めくりカレンダー
ライオンズニュース
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック