Ubuntu 16.04 LTSをUSBメモリにインストールした話

 たぶん、パソコンいじってて今までに一番の困難に出くわしました。
 原因は全て自分なのですが。

 BootCampで使い道に困っていたUSBメモリ。なんか面白いことないかなと思っていたら、UbuntuのブートUSBとして使えるな、と思って作成(これはこれで苦労したのだけど)。確かに動く。
 「ああ、そういえばインストールもできるんだっけ」
 と思ったのが良くなかった。
 というのも、ブートローダのインストール先を間違えるということをやらかしました。
 気がついた時には遅く、神に祈っても事態は好転するはずもなく。
 インストールしたUSBを刺しておけば、altキー押しっぱで起動ディスクを選択できるのですが、普通に電源を入れるとgrubが立ち上がってその先に進んでくれません。
 USBポート1つとaltキーを押す手間を甘受すればmacOSが使えるが、そんな面倒なことをしたくないので復旧に入ることに。
 まずgrubからMacOSを立ち上げる方法は早々に諦め(できるらしい)、macOSを再起動してcommand + RでmacOSユーティリティーを起動〜Time Machineから復元。これでどうにか元に戻りました。
 が、メモリをバカ食いしたり挙動がおかしいので結局再インストールすることに…。
 復旧して即、USB3.0のメモリにMacの起動ディスクを作成しました、ええ。痛い教訓です。Windowsでも同じかと。
 (BootCamp環境のWin10には必要だろうか?)

 で、USBメモリにインストールを再度試み今度こそ成功。
 が、無線LANにつながらない。そもそもSSID一覧が出てこない。
 有線でつないでドライバーをダウンロードして解決しました。ケーブル捨てないで良かった…。
 AppleのMagic mouseとWirelessキーボードはBluetoothで認識せず、やっと認識したかと思えば今度はMac側で認識しないという訳の分からない状態になったので、iMacで使うときは有線キーボードとマウスにしました。
 この2つがインストール後の面倒なこと。

 雑感
 左端のメニューがうっとうしい…自動的に隠す設定にすれば今度はカーソルを持って行っても感度がいまいち…。
 持ち運びができるOSは便利。だが他人のPCに刺して使うというシチュエーションが人生で何回あるのかは疑問。
 iMacよりもMacBook Airで使ったほうが色々面倒くさくなさそう。

 まあ面白がって、という感じです。メインOSで使うのはやっぱり厳しいです。
 DLしてからのインストールや設定の手間ひま考えれば、サクッとWindowsを買ってくるのが正解だと思います。Windows10は安いし。

 USBにUbuntuをインストールする手順はこちらのサイトを参考にさせていただきました。バージョンは古いですが、やることは基本同じです。

 で、これ読んでUbuntuのインストールやってみようという方、ブートローダのインストール先だけは絶対気をつけてください。本当、一時は自力救済を諦めました…。
スポンサーサイト

Windows10!

P_20170503_212839.jpg

 諸事情でiMacにWindows10をBootCampでインストールしました。
 前々からやってみたかったのですが、若干の必要に迫られるとは…。
 で、やり方は散々ネットを検索してくれば出てくるので詳しく書くまでもないのですが、自分が引っかかったところを2カ所挙げておきます。

 ① Windowsファイルのコピー
 最初の方でUSBメモリにWindowsファイルをコピーするわけですが、これが遅い。isoイメージファイルをDLするより時間がかかりました。1時間ぐらいかな。途中でステータスバー?が止まるので余計な心配までします。

 ② BootCampがWindows10にインストールされない
 どういうわけか、BootCampがWindowsにインストールされず、エラーで終わりました。
 Windows自体のインストールは済んでいるのですが、これが失敗するとWinのタスクバーからBootCampを選んでMac OSで再起動ができなくなります。いったん再起動かけてoptionキー押しっぱなしにすれば起動ディスクが選択できるけど、地味に不便。
 上にも挙げたファイルをコピーしたUSBからBootCampをインストールすることができました。ここに気がつくまで1時間ぐらいかかりました…。
 いくら検索しても
 「BootCampでWindows10のインストールに失敗した・できない」
 という情報ばかりで、
 「Windows10にBootCampをインストールするのに失敗した」
 という情報は出てこないので焦りました。
 なんで最後の最後で失敗したかは不明。

 Magic mouseとWirelessキーボードが認識されないというトラップはどういうわけか再起動を2度ほどやったら認識するようになりました。よく言われるMacのほうのペアリングを解除する、という手は使っていません。
 物理的に繋げられるキーボードとマウスはあったほうがいいですね。危うく詰みかけました。


 DSP版じゃないOS買ったのはもしかして初めてじゃなかろうか…。
 パッケージ版もずいぶん安くなりました。XPや7をDSPで買ってた時とは隔世の感、です。
 Microsoft Officeが高いのは今も昔も変わってないですね。PowerPointかAccessが必要になるのかもしれないのですが、Home&Businessで3万7千円、プラスAccessとなると結構なお値段…。
 パワポとAccessをバラで買うという手もありそうですが、違うバージョンの併用できるかな?

Time Machineの古いファイルをゴミ箱にぶち込んだ話

 タイトル通りのことをやりました。
 そうしたら、ゴミ箱が空にできなくなりました。

 Time Machine用のHDの容量を空けたかったのですが、まさか削除できないとは思いませんでした。
 放っておくのは精神衛生上好ましくありません。
 そう思って打った手がことごとく悪手になりました。
 コマンドから消すのに時間がかかり、我慢できずに強制終了(第一の悪手)。
 Time Machineから復元できるんじゃない?→もちろんできず(第二の悪手)。
 command + RでOS再インストールするも状況は変わらず。
 やむを得ず起動ディスクフォーマット→Time Machineで直近のシステム復元→このサイトを見て、
 cd /Users/ユーザ名/.Trash/(半角スペース)
 から
 sudo rm -rf(半角スペース)
 と打ち、この行に削除したいファイルをゴミ箱からターミナルにドロップして消すことができました。時間はかかりましたが。

 問題なのはアプリが完全に元に戻らず、キヤノン関係のソフトは全滅したので再インストール。
 Apple謹製のiPhotoやGarageBandも消えてました(GarageBandは復旧せず)。他にも吹っ飛んだソフトはいくつもあり、この3日はほとんどiMacの電源入れっぱなしでした。
 こんなにPCに振り回されたのは、VAIO Xをバッテリー駆動させていた時、いきなり電源が落ちてしまい復旧させた時以来ですね。
 PCは個体差の問題に出会ったことはないのですが、忘れた頃にこういうトラブル?に見舞われます。

 そもそもなんでこんなことしたかというと、起動ディスクの写真が700GBを越えてきたからです。起動ディスクは1TBなので7割を占めるのはよろしくないということで…。
 わたしのiMacはlate 2012なのでぎりぎりBootCampでWindowsが入れられます。ちょっと10に慣れておきたい、と思いまして…。できれば何らかの資格を取りたいし、過去問CD-ROMで提供されるのでWin環境が欲しかったのです。
 ノート買うよりWin10のパッケージ買ったほうが安く済みますから。それにあんまり使わないのに場所とるノートを買うのももったいないな、と。
 さて、Win10はHomeを買うか、professionalを買うか…。

HDDの発掘

IMG_0689_2016062800004015b.jpg

 元々使っていたWindowsマシンをモスボールというか、バラして売ろうと思って解体。

 Windows7なのでWin10にアップグレードできるけど、肝心のディスプレイのケーブルがどこかへ行ってしまった。HDMIはマシン側で拒否されるので使用不可。でもって電源を入れて強制的に電源を切るとなぜか再び電源ONになるという無限ループになってしまった。たぶん電源ボタンのどこかが引っかかっているんだと思う。
 そんなこともあって解体したのだけど、HDDが昔使っていた分も含めて4つ、SSD1つ、都合5つの使わない記憶媒体を産んでしまった。

 下段右から80GB、20GB、160GB、上段のHDDは500GB、SSDは80GB。
 160と500をWinのデータストレージとして、SSDが起動ディスクでした。
 残りの中途半端なやつはLinuxやそれ以前のWinマシンのHDD。
 この中でなんとか使えそうなのは500GBくらいで他は全部今の時代では…という物。
 昔も今もお金なかったけど、HDDはなるべく安めにということがこんな結果に。
 まあ、データの大容量化とお求めやすさは年々進んでいくものですから。

 更に懐かしいのは、

IMG_0693.jpg

 FDDが出てきた。
 これこそ本当にどうしよう、という代物である。

Canon MG5630

 このネタを書くのを忘れてた。
 2月にHPのプリンターが壊れました。ちょうど確定申告の書類を印刷している時という致命的な時に故障してくれました。
 故障といっても印刷はできるのだけど、黒が薄墨色にしかならない。会葬御礼か?これは、というレベルなので買い換えを決意。もちろんインクを交換してもクリーニングを行っても同じ結果なのは言うまでもない。

 で、展示品残り1台のCanon MG5630を買ってまいりました。本体汚れにつけ込んで端数を値引いてもらって8,000円くらいだったかな?

IMG_0631.jpg

 前のプリンターで突然できなくなったWi-Fi接続もあっさりと繋がり、さすが安物プリンターとの違いを見せつけてくれました。
 とは言っても一番活躍するのは年賀状シーズンくらいなものなので、今までと使う頻度は変わらない。

 HPのプリンターは3年で壊れたのか…3,980円、確かこれも旧製品で投げ売りされていて、やっぱり金欠だった時に買ったものだから、よく持ったというか、使い捨てというか(年で割ると1年1,000円ちょっとの計算)…。
 しかし、何も重要な時に壊れなくてもいいじゃないかとボヤきたくもなる。

 このプリンターが壊れたら、今度はエプソンのにしようっと。
最近の記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリー
月別アーカイブ
Twitter
プロフィール

syuusui

Author:syuusui
鉄道趣味者 国内私鉄派
写真者詭道也 則広角馬鹿

EOS 5D MarkIII
EF8-15/4L Fisheye
SIGMA 14/1.8 Art
EF40/2.8
TAMRON SP 70-300/4-5.6 Di VC USD
等々

EOS kiss X7i
SIGMA 18-200/3.5-6.3(Contemporary)

CONTAX Aria
CONTAX AX
Distagon 4/18
Distagon 2.8/35
Tessar 2.8/45
Planar 1.7/50
Sonnar 2.8/85
Tele-Tessar 4/200

ブログ内検索
日めくりカレンダー
ライオンズニュース
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック