Time Machineの古いファイルをゴミ箱にぶち込んだ話

 タイトル通りのことをやりました。
 そうしたら、ゴミ箱が空にできなくなりました。

 Time Machine用のHDの容量を空けたかったのですが、まさか削除できないとは思いませんでした。
 放っておくのは精神衛生上好ましくありません。
 そう思って打った手がことごとく悪手になりました。
 コマンドから消すのに時間がかかり、我慢できずに強制終了(第一の悪手)。
 Time Machineから復元できるんじゃない?→もちろんできず(第二の悪手)。
 command + RでOS再インストールするも状況は変わらず。
 やむを得ず起動ディスクフォーマット→Time Machineで直近のシステム復元→このサイトを見て、
 cd /Users/ユーザ名/.Trash/(半角スペース)
 から
 sudo rm -rf(半角スペース)
 と打ち、この行に削除したいファイルをゴミ箱からターミナルにドロップして消すことができました。時間はかかりましたが。

 問題なのはアプリが完全に元に戻らず、キヤノン関係のソフトは全滅したので再インストール。
 Apple謹製のiPhotoやGarageBandも消えてました(GarageBandは復旧せず)。他にも吹っ飛んだソフトはいくつもあり、この3日はほとんどiMacの電源入れっぱなしでした。
 こんなにPCに振り回されたのは、VAIO Xをバッテリー駆動させていた時、いきなり電源が落ちてしまい復旧させた時以来ですね。
 PCは個体差の問題に出会ったことはないのですが、忘れた頃にこういうトラブル?に見舞われます。

 そもそもなんでこんなことしたかというと、起動ディスクの写真が700GBを越えてきたからです。起動ディスクは1TBなので7割を占めるのはよろしくないということで…。
 わたしのiMacはlate 2012なのでぎりぎりBootCampでWindowsが入れられます。ちょっと10に慣れておきたい、と思いまして…。できれば何らかの資格を取りたいし、過去問CD-ROMで提供されるのでWin環境が欲しかったのです。
 ノート買うよりWin10のパッケージ買ったほうが安く済みますから。それにあんまり使わないのに場所とるノートを買うのももったいないな、と。
 さて、Win10はHomeを買うか、professionalを買うか…。
スポンサーサイト

HDDの発掘

IMG_0689_2016062800004015b.jpg

 元々使っていたWindowsマシンをモスボールというか、バラして売ろうと思って解体。

 Windows7なのでWin10にアップグレードできるけど、肝心のディスプレイのケーブルがどこかへ行ってしまった。HDMIはマシン側で拒否されるので使用不可。でもって電源を入れて強制的に電源を切るとなぜか再び電源ONになるという無限ループになってしまった。たぶん電源ボタンのどこかが引っかかっているんだと思う。
 そんなこともあって解体したのだけど、HDDが昔使っていた分も含めて4つ、SSD1つ、都合5つの使わない記憶媒体を産んでしまった。

 下段右から80GB、20GB、160GB、上段のHDDは500GB、SSDは80GB。
 160と500をWinのデータストレージとして、SSDが起動ディスクでした。
 残りの中途半端なやつはLinuxやそれ以前のWinマシンのHDD。
 この中でなんとか使えそうなのは500GBくらいで他は全部今の時代では…という物。
 昔も今もお金なかったけど、HDDはなるべく安めにということがこんな結果に。
 まあ、データの大容量化とお求めやすさは年々進んでいくものですから。

 更に懐かしいのは、

IMG_0693.jpg

 FDDが出てきた。
 これこそ本当にどうしよう、という代物である。

Canon MG5630

 このネタを書くのを忘れてた。
 2月にHPのプリンターが壊れました。ちょうど確定申告の書類を印刷している時という致命的な時に故障してくれました。
 故障といっても印刷はできるのだけど、黒が薄墨色にしかならない。会葬御礼か?これは、というレベルなので買い換えを決意。もちろんインクを交換してもクリーニングを行っても同じ結果なのは言うまでもない。

 で、展示品残り1台のCanon MG5630を買ってまいりました。本体汚れにつけ込んで端数を値引いてもらって8,000円くらいだったかな?

IMG_0631.jpg

 前のプリンターで突然できなくなったWi-Fi接続もあっさりと繋がり、さすが安物プリンターとの違いを見せつけてくれました。
 とは言っても一番活躍するのは年賀状シーズンくらいなものなので、今までと使う頻度は変わらない。

 HPのプリンターは3年で壊れたのか…3,980円、確かこれも旧製品で投げ売りされていて、やっぱり金欠だった時に買ったものだから、よく持ったというか、使い捨てというか(年で割ると1年1,000円ちょっとの計算)…。
 しかし、何も重要な時に壊れなくてもいいじゃないかとボヤきたくもなる。

 このプリンターが壊れたら、今度はエプソンのにしようっと。

RAID1

 写真の容量が1TBを射程圏内に入れてきたので、思い切ってHDDを増量することに。
 iMacからは消さねばならず、HDDを二台体制にするのは芸が無いし面倒くさい。
 ということで、RAID1を構築することに。

 HDDはウェスタンデジタルの3TB(青、WD30EZRZ/AFP / 5,400rpm /)を調達。ケースはラトックシステムのRS-EC32-U3RWS。あっさり構築もできて一安心である。
 といいつつ、まだiMacと今までのポータブルHDDからデータを消していない辺りが小心者。

 1TBのポータブルHDDが2台余っているのだが、これはどうしたものか。

 追記。
 Twitterのやり取りで記録するのを忘れてたのを思い出したので。フォロワーさんに感謝。

 HDD:9,530円×2=19,060円
 ケース:6,340円
 合計:25,400円

IMG_0630.jpg

 HDDを死亡させた経験がないので高い投資であるが、掛け捨ての保険だと思え…ないな。
 良かったと思うことがないといいのだけど。

プリンターがお亡くなりに。

 ちょっと前の話だけど、MP610が壊れた。
 U51エラーを吐き、「プリントヘッドが装着されていません」とメッセージを出したままそこから先へ頑として進もうとしない。単に写真をスキャンしたいだけなのだが。
 調べてみると、割とよくあるエラーのようで、経年劣化ではとか書かれていたが、はっきりしたことは分からない。修理に出すと7,000円近くかかるという。それでなくとも出費が続くのに、こんな不意打ちは痛いし、何より金銭的に痛い。
 ちょうどプリンターの新機種入れ替え時期に重なり、旧機種なら安い。最初は一万円くらいなら出してもいいと思ったが、そういう機種は既に店頭から消えている。Amazonで頼んでもいいが、段々とわたしの考え方は変わってきた。
 「店頭セール品をお安く買って、壊れるまで使い倒せばそれほど損では無いのではないか?」
 箱積みされているhpのプリンター(PhotoSmart 5520)は3,980円と、大変に安い。
 この手のプリンターはインク代でもう一台プリンターが買えてしまうことが多々ある。そう思って、インクの値段を調べると千円程度である。MP610をいくらで買ったか覚えていないが、20,000円はしなかった。せいぜい15,000円くらいなものだろう。五年程度保ったから、年三千円。hpだったら二年保てば元が取れる。そう考えて5520を買った。

IMG_0573.jpg

 iMacの上に片持ち台でプリンターを載せているので、薄く軽くなったのはメリットである。
 デメリットはとにかくうるさい事に尽きる。冗談かと思うような音が出る。十年以上前のキヤノンのプリンターがこれくらいの音だった。もっとも、あれは単機能。こちらは複合機で無線対応だから機能は比較にならない。
 とりあえず壊れないことを祈るだけである。
最近の記事
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリー
月別アーカイブ
Twitter
プロフィール

syuusui

Author:syuusui
鉄道趣味者 国内地方私鉄派
写真者詭道也 則広角馬鹿

EOS 5D MarkIII
EF8-15/4L Fisheye
Carl Zeiss Distagon 2.8/15
SIGMA 20/1.4 Art
Voigtländer ULTRON 40/2 SLII N Aspherical
EF70-200/4L IS
TAMRON SP 70-300/4-5.6 Di VC USD
EXTENDER EF1.4×III
EXTENDER EF2×III
等々

EOS kiss X7i
SIGMA 18-200/3.5-6.3(Contemporary)

CONTAX Aria
CONTAX AX
Distagon 4/18
Distagon 2.8/35
Tessar 2.8/45
Planar 1.7/50
Sonnar 2.8/85
Tele-Tessar 4/200

ブログ内検索
日めくりカレンダー
ライオンズニュース
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック