COSINA 24/2.8 on EOS 5D Mark3

IMG_9399.jpg
(東伏見〜西武柳沢)

 スカイツリーバルブ目的でいつもの午後の撮影地へ。日没前は見えていたけど、結局曇って見えなくなった。
 今日は、コシナの24/2.8、28/2.8(OM)、Carl Zeiss Jena35/2.4とみなマウントアダプターで取り付ける物ばかり。

IMG_9405.jpg

 今日の写真はこのコシナの24/2.8で撮った。
 プラスチッキーな外観から想像できるように軽い。24㎜という広角の割に小さく出来ているのもありがたいところ。中古を7,000円ほどで買ったと記憶している。OMマウントの中古でも破格の安さだった。それがこれだけ写れば儲けものである。
 F2.8で撮ったので周辺減光が激しいが、広角開放の周辺減光なぞLレンズでもZeissでも回避不能である。どうしても気になるなら、フォトショで調整すればいいし。

 また、懐に優しいレンズをコシナが出してくれないだろうか。ZeissとVoigtländerという看板がある以上、商売の邪魔でしかないのかもしれないが…。
スポンサーサイト

Carl Zeiss Distagon 21/2.8(ZE)&Vario Sonnar80-200/4

 消費税も上がるのでと言い訳をしてレンズを買いました。
 まず本務機、EOS向けのDistagon21/2.8

IMG_0367.jpg

 CONTAX向け、初Zeissのズームです。Vario Sonnar80-200/4

IMG_0369.jpg

 Vario Sonnarはフィルムなのでまだ撮っていません。
 D21/2.8をつけて試し撮りに。

IMG_8005.jpg

 21㎜という距離の割には、14/2.8Lのように激しく歪むという感じがしません。歪んでいますが、もっと穏やかな感じ。14㎜に慣れているとちょっと中途半端かなと思っていましたが、なかなかどうして撮りやすいので驚きました。
 これ、カメラを傾けているのでもっと激しく湾曲すると思うのですが、この程度というのが恐ろしいですね。

 このレンズのレビューを読むと、ファインダーを覗いた瞬間から名レンズと分かる…みたいなことが書いてあるのですが、なんとなく分かります。この感じはPlanar85/1.4と似ています。
 Distagonは男性的、Planarは女性的な凄味を感じる、というのが個人的印象です。
 Planarはハッとさせられるような感じで、Distagonは斬り込まれるような感覚なのです。
 時代劇じゃありませんが、
 「先生、お願いします!」
 という用心棒みたいな力強さがDistagonにはあると思います。

 わけのわからない感想ですが、もう一つ、嬉しいのは

IMG_7995.jpg

 こういう太陽が横から入っても、14㎜のように「虹」がそれほど目立たないところ。太陽の近くに僅かに出る程度。
 玉が思いっきり出てるんだから比較になりませんが、どうしても太陽が横から入ってくるような時、これは14㎜よりもアドバンテージかな?と。

 21㎜という超広角でありながら、14㎜ほど使いにくくなく超広角な表現がし易い、という、たぶん、超広角レンズならこれ逝っておけ、という物でしょう。Distagon全てを使った訳ではないですが(15・18・28㎜、35/1.4は未体験)、恐らくDistagonシリーズ最上ではないかと…。
 残念なのは値段。まともに買うとキヤノン20㎜の3倍くらいします。
 16-35と40/2.8を売り飛ばしたのでだいぶ差額が小さく済みましたが…これを他人に勧めるのは難しいですね。AFもないし。思いっきり恨まれそう。
 価格とAFを割り切れれば、最高の一本です。最初にこれ買えば、14㎜はもしかしたら、いらなかったかも…。

軽い機材に憧れ

 いつものセットと称した、ズームの三本組。16-35、24-105、70-300。便利だけど、望遠はそれだけで1kgを越える。実際、これらのセットは結構重い。
 そう感じるのはコンタックスなぞを買ったからだろう。マニュアルだし、当たり前だが、コンパクトで軽い。それと、見栄レンズの24-70/2.8Lが思ったより高く売れそうということも影響しているような気がする。

 14/2.8、35/2、40/2.8、50/1.8はあるので、広角から標準は充分のような気がする。
 本当は24/2.8か28/2.8辺りが欲しいが、こう書くと意外といらないんじゃない?という気になってきた。USMじゃないからAF大変だけど。
 中望遠〜望遠か…85/1.8か100/2のどちらかと200/2.8にエクステンダーで…なんか本数多いな。ズームが悪いんじゃないけど、なんか重たいんですよ…場所もとるし。

名玉対名玉

 前から感じていたんだけど、SIGMA 50/2.8マクロだとブツ撮りの時にもうちょっと引いて撮りたいなあ、と思うことが多くなりまして。そんなに稼働率も高くないんで、新しいレンズを買うなどということは、不経済な話でございまして。そもそもこの50ミリを買ったのも、「そんなに使わないし、値段も安いし」という理由なのだから、まあ無駄遣いですわな。

 で、その無駄遣いをするとなると、純正は脱落。だって純正高いし…。
 どうせ無駄遣いなら、とことんやればというところだけども。

 そうなると、シグマかタムロンかトキナー。
 トキナーは純正と同じ100ミリしかないので、早々脱落。
 となると、シグマの70ミリかタムロンの90ミリの一騎打ち。
 かたや「カミソリマクロ」、かたや「伝説」(とメーカー自身が言っている)。どちらも名玉と評されるレンズ。
 手持ち室内しかしないので、90ミリで手ぶれせず撮る自信がないというなんとも情けない理由冷静かつ客観的な判断でシグマが恐らく正解なのだろうけど、タムロンの玉を手元に置いておきたいというのと、Kiss DNで遊んでいた頃から何しろ評判が良かったので、迷うんですなあ…。

 安いならタムロンが中古も多そうで圧倒的に有利だけど。新品は価格差5000円。

首をひねる

 新しいレンズが発表。
 35/2 ISと24-70/4 IS。
 まさかの35/2、IS搭載。これはいい。なんか価格が六万くらいするみたいで、そこは目を背けたくなる。
 24-70/4 ISは…ちょっと理解不能。105より高くてレンジ狭くて、わずかに軽いだけ?こういう標準帯にマクロ機能は不要なので、価値を見いだせない。好意的に見れば、光学的に無理をしていない、という可能性もあるのでもしかしたらいいレンズなのかもしれないけど。
 だけどちょっとなあ。マクロが欲しければマクロレンズを買った方が幸せになれる気がするし。
 一本でまとめたいなら、24-105のほうが使いやすいと思うけど。

 今年の締めくくり(予定)。
 本命:Powershot S110
 対抗:SONY RX-100
 穴:24-70/2.8L II
 大穴:iMac
最近の記事
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
カテゴリー
月別アーカイブ
Twitter
プロフィール

syuusui

Author:syuusui
鉄道趣味者 国内地方私鉄派
写真者詭道也 則広角馬鹿

EOS 5D MarkIII
EF8-15/4L Fisheye
Carl Zeiss Distagon 2.8/15
SIGMA 20/1.4 Art
Voigtländer ULTRON 40/2 SLII N Aspherical
EF70-200/4L IS
TAMRON SP 70-300/4-5.6 Di VC USD
EXTENDER EF1.4×III
EXTENDER EF2×III
等々

EOS kiss X7i
SIGMA 18-200/3.5-6.3(Contemporary)

CONTAX Aria
CONTAX AX
Distagon 4/18
Distagon 2.8/35
Tessar 2.8/45
Planar 1.7/50
Sonnar 2.8/85
Tele-Tessar 4/200

ブログ内検索
日めくりカレンダー
ライオンズニュース
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック