SONY ICF-R46とPanasonic QE-QV201

IMG_0125+.jpg

 またラジオですか…。

 栃木で震度5があったので、改めて日々の通勤で自分の持ち物を見直す機会が唐突にやって来ました。唐突というところが、また自分らしい。
 東日本大震災の時はガラケーでワンセグがあったので、どういうことが起きたのか理解できた。ワンセグに気がつくのが今にして思えばかなり遅かったが。
 今はiPhone5なので当然ワンセグはない。次も携帯はもちろんネットも繋がらない、と思っていたほうが無難だろう。ということで、名刺サイズのラジオを鞄に放り込んでおくことに。
 携帯のモバイルバッテリーはCP-F2LSAVPを持ち歩いていたのだけど、外部電源から充電しなければただの抜け殻。ということで、電池式の

IMG_0126.jpg

 Panasonic QE-QV201を追加。電池式なので、最初のモバイルバッテリーを買うときに候補に入っていたのだけど、ニッケル水素電池専用ということで別のものを買ってしまった。あと電池をフルに使っても50%程度というところが引っかかって。しかし、電池というのは調達しやすい(非常時はわからないが)のでこれも鞄に放り込むことに。
 同じ会社になったはずなのにエネループはダメでエボルタ専用とかいうが、ちゃんとエネループで給電される。多分メーカーの想定値を色々下回るのかも知れないが。その辺のアルカリ電池で給電・充電されるかはまだ試していない。
 長さと太さは単三電池を二本並べて少し長くなった程度なのでそれほど邪魔にならないと思う。

 SONY ICF-R46はいまどき珍しいアナログタイプであるが、これはデジタル表示のものより電池の寿命を考慮した結果である。ちなみにこの製品はイヤホン内蔵型だが、そうでなければもっと安い。日頃ヘッドホンを持ち歩くのであれば、ICF-T46を買えばいいと思う。分厚くなってもいいならもっと安い製品はあるし、ソニー以外であれば更に安くなって千円程度で手に入る。
 イヤホンは持ち合わせがないということがありそうだと思ったのと、安物にはそれ相応のクオリティが待っていると考えICF-R46にした。四分の一くらいに予算が圧縮できるが、使いたい時に使えないのでは予算を圧縮した意味は無いと考える。
 
 家に帰ってチューニングをしたら同調ランプがすぐ光った。東京で端っこからチューニングして最初に強く入感するのは594kHzのNHK第一である。当然、そう思っていたのだが、どうも電波が弱い。試しにICF-SW7600GWで聞いても同じ番組である。少し割高機とはいえ、ICF-R351ではクリアに入るのにどうしたことかと選局ダイヤルを回すと強く入感する。どうやらどっか別の地域(たぶん札幌局)のNHK第一をつかまえていたようである。いやはやおみそれいたしました。単に自分が間抜けなだけな気がするが。


 できれば通勤鞄には、これ以外に常備薬・懐中電灯・ホイッスル・バンドエイド・カロリーメイトくらいは放り込んでおきたい。ひとまとめにすればどこかへ出かける時に、入れ替えが一回で済むのでポーチも欲しい…。

スポンサーサイト

ICF-SW7600GR

IMG_0124+.jpg

 ソニーのICF-SW7600GRを買った。ただのラジオならこんなバカでかいものを買う必要はない。radikoもある今、AMとFMならもっと小さいもので充分である。これは長波や短波も守備範囲に入る。
 この機種はソニーのラインナップの中でも上位クラスの代物で、実売はたぶん三万円近くしたはずである。短波放送が聞きたいがさすがにその額は出せない。だが、Amazonで並行輸入品を売っていて、それならその半分くらいで買える。もちろんわたしが買ったのは並行輸入品である。
 並行輸入品は国内品と同梱物が異なり保証もないのであるが、安さに負けた。どうせ保証期間内に壊れることなどまず無い(だろう)。

 既にICF-SW35というラジオを持っているのだが、このテンキーでダイレクトに周波数を入力できるのが一番の魅力。ちまちまチューニングするのは面倒である。
 わたしが遠距離受信を始めた頃は、ブームはとっくに過ぎ去った頃であったが、Panasonicからも受信機が発売されていて、ソニーにはこの7600GRのさらに上位(勿論お値段も更に上位)が控えているという状況であったが、この二日ほどググってみると、状況はかなり一変して中国製ラジオが幅を利かせているようである。わたしが一旦足を洗うくらいの頃に中国製が登場して、値段の安さで評判になっており、三千円程度のものを買ったのだが、安かろう悪かろうで感度も良くないし、ロッドアンテナは折れるしで散々な目に遭った。それがきっかけというわけでもないが、段々と遠のいてしまい、またぞろぶり返してきたわけで。

 さすがに希少な日本製だけあって感度もいいし、何よりダイレクトに入力できるのが便利である。若干音がこもっているような気がするが、機能性とトレードというところだろう。

 今後ソニーが後継機を出すかどうかが怪しいのだが、絶版となると困るのでもう一台買うか、それとも故障上等で中国製ラジオでも有名なDE1103かPL-660を買おうか、そう思わせるような出来の大変良いラジオなのである。

CP-F2LSAVPを買ってみた

IMG_0118.jpg

 ソニーのCP-F2LSAVPを買った。
 薄い、7000mAh。たびたび持ちだしていたモバイルバッテリーCP-A2LAKSは4000mAhなので大容量。
 もっとも惹かれたのは、

IMG_0119+.jpg

 この薄さ。iPhone5より若干厚い程度。
 右からCP-A2LAKS、CP-EL、今回のCP-F2LSAVP。
 CP-ELは安いかわりに一回分のフル充電でバッテリーがカラになってしまうらしく(試したことはない)、おまけに厚みは4000mAhのCP-A2LAKSと同じ。充電もコンセントとUSBケーブルがないとダメ。USBからも充電できるけど、長時間PCを点けっぱなしにするのは、特に旅行先では無いシチュエーション。
 結局旅行に持っていく際には給電・充電もしやすい、CP-A2LAKSだった。かさばるけど。

 ということでCP-F2LSAVPは普段使いから旅行までこなしてくれそうな感じのモバイルバッテリーな訳なんである。iPhoneとiPadに同時充電ができ、バッテリーを充電しながらこれらの機器に充電ができるという、便利だけどなんか使わなさそうな機能もある。

 唯一ケチがつくのは、

IMG_0120.jpg

 この電源(左)。ソニーよ、詰めが甘い!
 右のCP-A2LAKSのように折りたためればもっと良かったのに。

 ちなみに、CP-A2LAKSには

IMG_0123+.jpg

 このような手回し充電ユニットがあり、これが本当の非常時に役立ちそうな感じで手放せない。

Macが遅い…

 急に起動の遅くなったiMac2012。
 思い当たるフシは

IMG_0115.jpg

 Lacie LCH-RK1TU3SとWD My Passport for Mac、この二台の仕業に決まってる。
 (比較にiPhone5を置いてみた。厚みはiPhone5より若干厚い程度)
 これにUSBハブでつないでいるから、起動時にマウントすることもあって余計時間がかかるのだろうと推測。またiMacのごちゃごちゃした裏側を直視することに。
 まず、二台のHDは直接本体へ接続。USB2.0ハブを撤去、3.0ハブは電装解除。コードが減ってすっきり。残ったポートはカードリーダーに。光学ドライブは3.0ハブに。
 せっかくAC電源つきのハブを買ったのに結局バスパワー駆動になってしまった。しかし、起動はかなり早くなり気にならない程度に改善。無駄にFusion Driveを選択したので泣きを見るところであった。DVDも再生されるし、iPhone5の充電もできるし、よほどポートを使わない限りバスパワーで大丈夫だろう。
 

USBハブとポータブルHD

 iBUFFALOのBSH4A03U3WHとWDのMy Passport for Mac(WDBGCH0010BSL-JESN)が到着。
 USBハブもHDも問題なく動く。USBハブはAC電源駆動にして、HD二台とカードリーダーを接続。バスパワーで試す度胸はない。
 USB2.0ハブも接続して、こっちは光学ドライブを接続。リプレースの予定は当分無いので2.0駆動のままでいい。ブルーレイも安いドライブがあったけど、あれは読みだけかな?まあ、ブルーレイで見たいものなど無いので、別にどうでもいいのだが。

 これでしばらく周辺機器の追加はしなくていいと思うが、机周りがケーブルでごちゃごちゃ。何かで結くというのも考えたけど、一応通電しているものだし、何かあってどうかなることを好まないので、まあいいか、で済まそうと思う。
最近の記事
カレンダー
01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
カテゴリー
月別アーカイブ
Twitter
プロフィール

syuusui

Author:syuusui
鉄道趣味者 国内私鉄派
写真者詭道也 則広角馬鹿

EOS 5D MarkIII
EF8-15/4L Fisheye
SIGMA 14/1.8 Art
EF40/2.8
TAMRON SP 70-300/4-5.6 Di VC USD
等々

EOS kiss X7i
SIGMA 18-200/3.5-6.3(Contemporary)

CONTAX Aria
CONTAX AX
Distagon 4/18
Distagon 2.8/35
Tessar 2.8/45
Planar 1.7/50
Sonnar 2.8/85
Tele-Tessar 4/200

ブログ内検索
日めくりカレンダー
ライオンズニュース
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック