指差確認喚呼

5D3A2843_201409252324216c8.jpg

5D3A2894.jpg

5D3A2904.jpg

スポンサーサイト

福井鉄道(実質二日目)

 実質二日目となる9/22も休みを取って朝から撮影。

5D3A3018.jpg

 朝に大型車が入ると読んだのですが、いつまでたっても来ない。仕方が無いので剱神社に行こうと急行に乗ったら203編成とすれ違い。あわてて時刻表を見て検討して、水落で降りて次に来る急行に乗れば市役所前で捕まえられると確信したので、市役所前へ。

5D3A3042.jpg

 ギリギリセーフで間に合いました。

5D3A3052.jpg

 610も。
 途中202編成ともすれ違ったのですが、もう運用には入らないだろうと思って、越前武生まで。
 そうしたらまた202編成とすれ違い。これでまた戻ってくることは確実になりました。
 武生から北府まで歩いている途中、610まで運用に入ります。完全におちょくられてる気分です。

 北府では、

5D3A3065.jpg
(※敷地外から撮影)

 外から撮りやすい位置に203編成が。

5D3A3106.jpg
(※敷地外から撮影)

 思いっきりぼかして遊んでみたり…。

5D3A3087.jpg
(※敷地外から撮影)

 車庫を覗くと、レトラムが。土佐電気鉄道から買い取った車両ですね。
 運行開始の次の日に車両故障で今月は再起不能、との張り紙がありました。ネットで見ると、故障の常連のようで、これまでまともに動いた日が少ないようです。

5D3A3144.jpg

5D3A3150.jpg

 北府に留置されている201編成と602。602は季節のイベント列車ということですが、F1000が一年に一本増備(都合四本)されるので、200形含めてこの先は厳しいでしょうね。201はもはや、この状態では…。

5D3A3189.jpg

 そんなF1000は、この色だとまるでスズメバチに見えます。

5D3A3132.jpg

 しばらく北府で撮って、福井市内に戻ろうか…と思ったら、写真の202が折り返し運用に入りました。
 これで、再び市役所前へ。

5D3A3176.jpg
(市役所前)

5D3A3214.jpg

5D3A3233.jpg

 若干名残惜しいですが、引き上げます。
 福井鉄道、大型車が併用軌道を走る姿は圧巻です。
 同業もほとんどいませんし、今なら落ち着いて撮れます。F1000の増備は4編成とアナウンスされている訳ですから、あとはお察し、ということでしょう。

福井鉄道(実質1日目)

 最近は歳のせいか寒いからか朝早くに目が覚めます。この日も例外ではなく、ホテルの無料朝食が始まる前から外出。特に確証はなかったのですが、200形のような大型車は朝速くに入って日中は元名鉄車の独壇場だろう、と予想しておりました。

 で、

5D3A2798.jpg

 いきなりいた。
 朝から嬉しいできごとです。

5D3A2805.jpg

 こんな風にステップが出てきます。中はロングシートとクロスシート。

5D3A2810.jpg

 大きい車だけに併用軌道での運転は気を遣うと思います。

5D3A2839.jpg

 三十八社で下車。ポイント上のスノーシェッドと。

5D3A2868.jpg
(三十八社〜泰澄の里)

 広角馬鹿を発揮しておりました。

5D3A2851.jpg
(西山公園〜水落)

 電車に乗っていると気になるポイントを発見。思った通り撮れるところでした。ちょっと電柱が邪魔ですっきり撮れませんが。

5D3A2850.jpg

 この場所からは北陸本線も写せます。特急だとすっきり編成は入りませんが。

5D3A2916.jpg
(家久〜サンドーム西)

 夕方、再び200形が動き出します。

 水落での迎撃は早切って失敗したので別のもの載せます。

5D3A2944.jpg

 水落から電車に乗って、ベル前で降りて、次来る200形に乗車して福井に戻ります。最後は市役所前付近の交差点で流し。

5D3A3008.jpg

 これでこの日はおしまい。

上野〜越後湯沢〜福井〜米原〜高田馬場

 という片道切符で福井へ行ってきました。北陸には富山地方鉄道の新開業区間や黒部峡谷鉄道など未乗の線区がいくつかあるのですが、結局城端線と越美北線に絞り、残りは福井鉄道の200形狙い、というプランにしました。

5D3A2724.jpg
(城端)

 城端線は朱色5号のキハ47が走っておりました。ラッピングじゃないのが嬉しいところ。

 城端線を往復して福井に向かい、越美北線が出るまで時間があるので福井鉄道の福井駅前とえちぜん鉄道の福井駅を覗きに。

5D3A2748.jpg
(福井)

 わたしが福井を訪れたのは十五年前。その頃はまだえちぜん鉄道ではなく、京福電気鉄道の福井支社、でした。

スキャン 2014-9-23 0002
(1999/9/4)

 後ろの建物も仮設っぽいホームもあまり変わっていません。
 JR駅だけ北陸新幹線の延長を見越して立派な高架になったいるのが違うところでしょうか。

 福井駅前でちょっと待っていると、電車がやって来ました。

5D3A2751.jpg

 岐阜四線で運用されていた名鉄車、福井鉄道に譲渡されたと聞いていい買い物をしたな、と思っていたのですが、こうして実物を見るのは初めてです。岐阜四線の末期に行ったことがありまして、その時の写真はこちら

 越美北線のキハ120はなかなか派手なラッピング。

5D3A2766.jpg

 しかし、通しは一日四本、ホームは切りかけの2番線、昔なら0番線されているような扱いでいかにもローカル線。
 客は多く、その客は大野で大半が降りました。さらに意外にも九頭竜湖までは客は一人、というシチュエーションを想像していたら、高校生が三人乗ってきて、貸し切りにはなりませんでした。九頭竜湖まで行くと辺りは真っ暗で、運転手さんから乗車証明書をいただきました。

 これで阿房列車はひとまず終わり、明日から福井鉄道を堪能することになります。

CONTAX AX

 今年はカメラ買ってない…と思ったらEOS Kiss X7がありました。すっかり忘れてた。たくさんあっても体は一つ。せいぜい二台がいいところですが、どうしてこう増えていくのか。

IMG_0448.jpg

 ということで、買ってしまいました。CONTAX AX。
 欲しいな、と思いつつもう何年も経っています。
 CONTAXの中でも屈指の虚弱体質と言われており、手を出すのをためらっていたのですが、とうとう我慢ならず。しかし、ずいぶん安くなりました。欲しいな、と思っていた頃の1/3くらいになってます。修理受付も終わってしまったし、AE機だし、そもそも機構が特殊だし、あとは察して下さい、ということなんだと理解しております。
 となると、先延ばしにすればするほど状態は悪くなり、ものは減り…という事態になりそうです。そこで買えば良かったと後悔するよりははるかにマシ、と言い聞かせることに。
 このカメラは単純に言えば、中にもう一台カメラが入っていて、中のカメラが動くことでフォーカスするという珍妙なAFを実現しています。話を聞けば聞くほど壊れるリスクが多そうなカメラです。

 しかし、MFしかないY/CマウントのツァイスレンズがAFになるというメリットは大きく、マウントアダプターでM42をつければもちろんAF、という代物です。
 M42に手ぶれ補正がつく、というのはしばしばペンタックスユーザー(に限りませんが)の自慢のタネですが、このCONTAX AXはAF、それもフルサイズで可能になるカメラ、なのです。

 といっても、やはり故障が怖いです。鉄道撮影でもメインを張るにはやや不安ですし。
 まあ、気分で使っていけばいいのかな、と思っています。

 なお、「CONTAX」のCの左側にあるのは、AF補助光を発光します。で、でかい…。
最近の記事
カレンダー
08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリー
月別アーカイブ
Twitter
プロフィール

syuusui

Author:syuusui
鉄道趣味者 国内私鉄派
写真者詭道也 則広角馬鹿

EOS 5D MarkIII
EF8-15/4L Fisheye
Carl Zeiss Distagon 2.8/15
SIGMA 20/1.4 Art
Voigtländer ULTRON 40/2 SLII N Aspherical
EF70-200/4L IS
TAMRON SP 70-300/4-5.6 Di VC USD
EXTENDER EF1.4×III
EXTENDER EF2×III
等々

EOS kiss X7i
SIGMA 18-200/3.5-6.3(Contemporary)

CONTAX Aria
CONTAX AX
Distagon 4/18
Distagon 2.8/35
Tessar 2.8/45
Planar 1.7/50
Sonnar 2.8/85
Tele-Tessar 4/200

ブログ内検索
日めくりカレンダー
ライオンズニュース
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック