Zippoというものを

 中学生の時に読んだ北方謙三の「老犬シリーズ」で初めて知ったのではないか。もっと前にも知っていたような気がするが、記憶に残っているのはこれが最古である。作中に、ガソリンを入れてもすぐ火が点かなくなる、という台詞があり、進駐軍からオイルを貰え、というヤクザの返しを今でも覚えている(どの巻かは忘れた)。
 さて、実際に自らZippoを持ってみると、想像以上にガスの減りが早い。絶えずオイルを継ぎ足しているような気がする。もっとも、月に一度くらいしか喫煙しないので、当然のことなのだが。それにしてもオイルの揮発がこんなに早いとは思わなかった。
 最近の100円ライターは異様に硬いし、何かの拍子で発火しても困るので蓋のあるZippoは好きである。
 特に意味も無く点けたりして…そんなことをしているから、石の減りが早いのである。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
月別アーカイブ
Twitter
プロフィール

syuusui

Author:syuusui
鉄道趣味者 国内私鉄派
写真者詭道也 則広角馬鹿

EOS 5D MarkIII
EF8-15/4L Fisheye
SIGMA 14/1.8 Art
EF40/2.8
TAMRON SP 70-300/4-5.6 Di VC USD
等々

EOS kiss X7i
SIGMA 18-200/3.5-6.3(Contemporary)

CONTAX Aria
CONTAX AX
Distagon 4/18
Distagon 2.8/35
Tessar 2.8/45
Planar 1.7/50
Sonnar 2.8/85
Tele-Tessar 4/200

ブログ内検索
日めくりカレンダー
ライオンズニュース
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック