EF40/2.8 STM ファーストインプレッション

 ファーストと称して、今後二回目が無い予感。

355A0006.jpg

 右から、有名なレンズ沼への誘い水、50/1.8、真ん中が今回の主人公40/2.8、一番左が唯一のパンケーキレンズだった、フォクトレンダー・ウルトロン40/2である(これはM42マウント)。
 久しぶりなのでしっかりとピンがずれている…。そしてなぜかウルトロンがデジタル専用ガード。
 こうして並べると40/2.8の薄さが良く分かる。単品で箱から取り出した時には「あれ?思ってたより厚い…」と思ったのだがウルトロンより背が低いとは。
 ちなみに、40/2.8はフードをつけてある。保護フィルターがないだけである。

355A0007.jpg

 で、リサイズ以外の加工をしていないのがこれ。
 F4でISOは1600である。F4でこれならアリだと思う。ややピントが甘く感じるのは撮影者の腕のせいが濃厚なので、問題にしない。周辺減光も気にならない。

 悪い所は、発表の時からわかっていたことだが、
 ・寄れない
 ・暗い
 この二点。特に寄れないと感じることが個人的には致命的で、こういうブツ撮りには被写体にしたEF35/2のほうが寄れるし、明るいし有利である。ただし、AFは合焦速度の点でやや劣る。良くAFモーター音を指摘する人もいるが、そんなに気になるようなことなのだろうか、と思う。

 APS-Cユーザーには、EF35/2を勧めたい。値段で言えばEF40/2.8のほうがEF35/2より一万円ほど安いが(撒き餌の50/1.8は更に一万円安くなる)、焦点距離の関係上、EF35/2のほうが使い勝手が良いと思う。
 ただ、EF40/2.8には薄いというアドバンテージがあるので、そのことを目的とするなら買うべきである。こういうブログに物を撮ってアップする、という程度の使い方であれば、同じくらいの値段でSIGMAの50/2.8マクロがあるので、そちらを買ったほうが絶対便利である(ちなみに、一枚目が5D MarkIIIとSIGMA50/2.8マクロ)。

 フルサイズのユーザーは、面白いと思うので買っていいと思う。
 よく「レンズキャップの代わり」とか「スナップ用レンズ」とか聞かれるが、本レンズでようやくその意味が分かったし、そういう用途に向いたレンズだと思われる。これ一本でその辺を撮ってみよう、と思わせるレンズなのである。
 結構、検索で来て下さる方が多いので、2014/03/05現在での現況…。

 ほとんど使っていません(笑)。

 標準域にはPlanar50/1.4が控えているので、50/1.4を持って行くのが面倒だな、という時に持ち出す程度です。
 薄くて軽いんですけど、個人的にこの辺の画角はあんまり使わないんですね。35㎜とか、14㎜とかになってしまう。そうじゃなかったら、50㎜より望遠寄りを使う。そんなことが多いです。
 その割にはCONTAXでは45/2.8を持ち出すので、言っている事がおかしいのですが、とにかくそういう事になってます。

 あと、フィルムで使ったら、妙にシャープのきつい絵になってしまって、それで嫌気がさして敬遠しているという感じです。

 ちょっと使い道に困っているのですが、売ってもそれほどの値段にならないし、薄くて小さいから、まあ、いいかという感じで防湿庫で生き残っております。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリー
月別アーカイブ
Twitter
プロフィール

syuusui

Author:syuusui
鉄道趣味者 国内私鉄派
写真者詭道也 則広角馬鹿

EOS 5D MarkIII
EF8-15/4L Fisheye
Carl Zeiss Distagon 2.8/15
SIGMA 20/1.4 Art
Voigtländer ULTRON 40/2 SLII N Aspherical
EF70-200/4L IS
TAMRON SP 70-300/4-5.6 Di VC USD
EXTENDER EF1.4×III
EXTENDER EF2×III
等々

EOS kiss X7i
SIGMA 18-200/3.5-6.3(Contemporary)

CONTAX Aria
CONTAX AX
Distagon 4/18
Distagon 2.8/35
Tessar 2.8/45
Planar 1.7/50
Sonnar 2.8/85
Tele-Tessar 4/200

ブログ内検索
日めくりカレンダー
ライオンズニュース
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック