まさかの二位

 後半追い上げたとは言え、帳尻の印象がぬぐえないですねえ。
 末期の末期は肝心どころでしっかりと 負 け て いましたし。やはり基礎体力がないんでしょうな。

 さて、パリーグにおいてお家騒動というか現場とフロントがもめたのが発覚したのがマリーンズとバファローズ。
 特にマリーンズはきな臭い噂話が去年も聞こえてきただけに、またかの印象。
 バファローズも監督人事で昔、近所の球団が名物にしていたもめ事が発生。関西特有の現象なんでしょうか(笑)。

 マリーンズはサブローをわざわざジャイアントから奪還したまではいいけど、今さらどこで使うんだろうと端で見ていても思っていました。実際、そういう旨を公言しましたが、本当はまとめ役になりそうなベテランが帰ってきてちょっとやばいかもと思っておりましたが、どうやらそうでもなかったようで。
 その頃こっちは派手に炎上していたので他人のことなど知ったこっちゃなかったのですが(笑)。

 さて、そんなマリーンズに監督として伊東勤が就任するという話が出ています。
 個人的には、パリーグ球団の中でガバナンスがハチャメチャな部類に入ると思うので、止めておいたほうが無難ではと思うのですが、NPBの監督にはなりたくとも12人しかなれません。
 なんとなく、バファローズに行った伊原さんの二の舞になるような気がして、心配です。

 もっとも、西武との縁は、どちらが先にしたのか知りませんが切れているらしい(監督末期はフロントと補強で対立していましたね)ので、監督復帰、背番号は27とかいう、一定層に受けるイベントは無さそうです。良かったね、銀ちゃん。

 「やりたきゃやれば」で森監督がいなくなってから、ライオンズは迷走しっぱなしです。
 手綱を引き締め、再び黄金時代に導くには、名将に擬せられる監督もさることながら、選手やその環境作りをしようとするフロントも重要です。そして、応援するファン。三位一体となって、本当に心の底からライオンズは優勝するんだ、日本一になるんだとやっていけるような環境が、かつての黄金時代を知る一ファンとしての切実な願いです。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリー
月別アーカイブ
Twitter
プロフィール

syuusui

Author:syuusui
鉄道趣味者 国内私鉄派
写真者詭道也 則広角馬鹿

EOS 5D MarkIII
EF8-15/4L Fisheye
Carl Zeiss Distagon 2.8/15
SIGMA 20/1.4 Art
Voigtländer ULTRON 40/2 SLII N Aspherical
EF70-200/4L IS
TAMRON SP 70-300/4-5.6 Di VC USD
EXTENDER EF1.4×III
EXTENDER EF2×III
等々

EOS kiss X7i
SIGMA 18-200/3.5-6.3(Contemporary)

CONTAX Aria
CONTAX AX
Distagon 4/18
Distagon 2.8/35
Tessar 2.8/45
Planar 1.7/50
Sonnar 2.8/85
Tele-Tessar 4/200

ブログ内検索
日めくりカレンダー
ライオンズニュース
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック