飯山線

 飯山線という路線がある。
 長野駅から上越線の越後川口駅までを走る路線である。
 一見、地味なローカル線だが、この沿線にはタイトルホルダーな駅がある。
 そのタイトルは、「JR日本最高積雪地点」。
 ここから察せられるように、豪雪地帯を走る。近くの只見線共々、紀行作家の宮脇俊三さんが非常に良く書かれていて、その記録からも冬に行ってみたかった路線である。
 わたしはJRや三セクよりも、ローカル私鉄の方がはるかに絶滅危惧種だと考え、どうしても飯山線は二の次三の次であった。しかし、景気は悪くなるし、未曾有の天災は起こるわで、JRだからと安心できない。それでなくても飯山線は、しばしば災害で不通になる。近年も、平成23年に大雨で二ヶ月不通になっていた。あまりボヤボヤしていると、いつ引導を渡されるか分かったものではない。現に、近所の只見線は未だに平成23年の大雨で不通になった区間が復旧していない。

 ということで、長野から飯山線で越後川口に出て、上越線で越後湯沢に出て、大宮に戻るというルートを選定した。

 長野から全線通しの本数は非常に少ないのだが、長野を1232に出て、越後川口に1547に着く列車がある。これなら、上野を1030に出るあさま515号で出れば十分間に合う。日帰りできるところなのである。
 ただし、豪雪地帯を走るので、雪で運休することもある。「冬の飯山線は引き返す勇気を持て」と雪山登山のようなことが書かれたサイトもあった。ここまで来ると阿房列車も気楽ではない。わたしは珍しく若干緊張して1月14日を待った。

 しかし、この日の東京は雪。豪雪地帯へ行くのに、暖地で雪とは甚だ面白く無い。しかも例によって東京の交通は大混乱になり、飯山線の運行より、東京の方がよほど心配になる始末であった。なんともタイミングが悪い。

IMG_0083.jpg

 越後川口のちょっと手前、十日町駅まで来たキハ110。
 顔に雪がへばりついているが、この後、越後川口までは側面の窓に雪がびっしり張り付くという奇景を見ることになる。

IMG_0079.jpg

 森宮野原駅の日本最高積雪地点の標柱。家が埋もれる…。

IMG_0091.jpg

 雪に埋もれそうに見える、キハ110。越後川口駅。
 東京が雪で特番にまでなった日、長野・新潟の県境は平常運行であった。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
月別アーカイブ
Twitter
プロフィール

syuusui

Author:syuusui
鉄道趣味者 国内私鉄派
写真者詭道也 則広角馬鹿

EOS 5D MarkIII
EF8-15/4L Fisheye
SIGMA 14/1.8 Art
EF40/2.8
TAMRON SP 70-300/4-5.6 Di VC USD
等々

EOS kiss X7i
SIGMA 18-200/3.5-6.3(Contemporary)

CONTAX Aria
CONTAX AX
Distagon 4/18
Distagon 2.8/35
Tessar 2.8/45
Planar 1.7/50
Sonnar 2.8/85
Tele-Tessar 4/200

ブログ内検索
日めくりカレンダー
ライオンズニュース
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック