Kindle Paperwhite

IMG_0133.jpg

 Kindle Paperwhiteを買った。
 3G版は無料で通信ができる。全部Amazon持ち。太っ腹ですなAmazonと思ったが、外でもネットにつながると余計買い物しそうなのでWi-Fi版に。まあそれでもiPhone5でつないでしまえばなんの意味もないんですが。
 買っておいてなんだけど、こういうデジタルものはどうせ後から出るものが良くなっている場合が多いから5,000円の差額で本を買ったほうがいいと思った。

 店頭でちょっといじった時はページめくりもそれほど機敏と思わなかったが、自分の買った本を読んでみるとそうでもない。思ったより早いじゃないか。これなら別に気にならないぞ。新書だからデータサイズが小さくて、それが影響しているのかもしれない。憶測だが。
 ただ、キーボードの入力・切り替えは緩慢そのもの。これはiOSのほうがキビキビしているので、iPhoneやiPadユーザーは苛つくだろう。

IMG_0134+.jpg

 iPad miniとの比較。辺はなるべく合わせたつもり。
 小さいし軽いし、後ろもラバー状で持ちやすい。
 小説などは色がなくても構わないからKindleで、iOSアプリはカラーが必要な本を、と使い分ければいいと思う。最初からiOSでいいじゃないかという気もしないではないが、やはり液晶を長時間眺めるのはつらい。ではKindleなら楽なのかと聞かれるとこれはこれで難しいのだが…。
 文庫本ならともかく、ハードカバーの本は持ち歩きにかさばるし重量はあるし、何より通勤電車で立ったまま読みにくいし(読めないことはないが、する気にならない)、買うときもつい敬遠していたけど、このサイズなら楽。文庫よりむしろ単行本サイズの本を買う頻度が上がりそう。

 問題は、ストアの品揃え。
 実は読みたい作家という点から見ると、わたしにはあまり魅力がない。
 阿川弘之や内田百閒の本はほとんどない。これは痛い。
 でもなぜ買ったかというと、一度読んでもう何遍か読みそうにもない本を読むため。「読みそうな気がする、でも結局読まない」という本が本棚を埋めている。なら捨てるなり、古本屋に持っていくなりすればいいのだけど、その取捨選択がまた優柔不断なわけで。そうしてズルズル貯まっていく。残しておきたい本のために、スペースは空けておきたい。
 そういう当落線上な本は電子書籍されやすいだろうと踏んで、個人的にはやや先行投資的意味合いで買ってみた。
 今後、うまく住み分けができるか、それとも電子デバイスに拒否反応が起きるか、それはなんとも分からない。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー
月別アーカイブ
Twitter
プロフィール

syuusui

Author:syuusui
鉄道趣味者 国内私鉄派
写真者詭道也 則広角馬鹿

EOS 5D MarkIII
EF8-15/4L Fisheye
SIGMA 14/1.8 Art
EF40/2.8
TAMRON SP 70-300/4-5.6 Di VC USD
等々

EOS kiss X7i
SIGMA 18-200/3.5-6.3(Contemporary)

CONTAX Aria
CONTAX AX
Distagon 4/18
Distagon 2.8/35
Tessar 2.8/45
Planar 1.7/50
Sonnar 2.8/85
Tele-Tessar 4/200

ブログ内検索
日めくりカレンダー
ライオンズニュース
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック