独断と偏見でお送りする格安SIM入門

 最近、格安SIMの話題、増えてきましたね。 
 月々の固定費が安くなるなら、そちらを考えると思います。
 が、比較サイトはあまりに詳しくて、そこでどれを選べばいいのか分からなくなると思います。情報量が多くて処理しきれない人向けの、独断と偏見でお送りする格安SIM入門です。

 1:どこを選ぶか
 様々な業者が格安SIMに参入しています。中にはイオンと異業種からの参入も。
 とりあえずお勧めは、IIJmioです。ビックカメラだったら対面で加入できます。
 インターネッツでやり取りすれば楽ですが、いま欲しい!という方にお勧めです。待たされるけど。
 他にも業者は百花繚乱ですが、音声通話付きは1年縛りと3大キャリアより1年短いです。1年後のこの業界、何がどうなってるか分かったもんじゃありません。1年後IIJmioがダメなら、よそに乗り換えてしまえばいいのです。

 2:安いけど3GB って少なくない?
 キャリアの明細でそんなに使わないのは分かっていたのですが、6GBが半分になるのは不安でした。
 そこで、こんな手を使ってみました。
 当時はauのiPhone5sを使っていました。auのiPhone5sはMVNOでは使用制限が多いのは知っていたので、まず、SIMフリー機として当時人気だったZenfone5を買い、データ専用SIMを契約しました。
 これで通勤の行き帰りに使ってみて、ダメならよそに乗り換えるなり、5GBプランに変えるなり、解約すればいい(解約手数料はデータ通信用ならかかりません)ということで使い始めました。その結果、全然問題なかったので(ランチライムに速度が低下するのは織り込み済みだったので許容)、MNPで音声付きプランに変更。データSIMから音声SIMに変更する時、郵送されてくるので、どうしても音信不通の日がありますが、それは諦めましょう。携帯が壊れたとでも言っておけばいいんじゃないでしょうか(おい)。
 さて、プランを変更したら、データ通信プランで繰り越した3GBも引き継げるのですね。つまり3GB+3GB で実質6GBになりました。
 一度も3GBをオーバーしていないので、この実質6GBはいまも継続中です。6GB使い果たしてしまう方は、5GBのプランを契約してください。
 これは予想していなかったので、思わぬ収穫でした。

 3:結論
 わたしはIIJにして良かったと思っています。それまでauに払っていた6000円ほどの料金は3分の1になりました。
 もともと電話で話をするほうではないので、たまに2000円を越えると高いな、と思うようになりました。
 通話はIP電話アプリでも補完しています。これはまあ、別に項を立てます。
 Skype vs 050Free vs Smartalkの予定です。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
月別アーカイブ
Twitter
プロフィール

syuusui

Author:syuusui
鉄道趣味者 国内私鉄派
写真者詭道也 則広角馬鹿

EOS 5D MarkIII
EF8-15/4L Fisheye
SIGMA 14/1.8 Art
EF40/2.8
TAMRON SP 70-300/4-5.6 Di VC USD
等々

EOS kiss X7i
SIGMA 18-200/3.5-6.3(Contemporary)

CONTAX Aria
CONTAX AX
Distagon 4/18
Distagon 2.8/35
Tessar 2.8/45
Planar 1.7/50
Sonnar 2.8/85
Tele-Tessar 4/200

ブログ内検索
日めくりカレンダー
ライオンズニュース
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック