泉麻人『バスで田舎へ行く』(ちくま文庫)

 前の『大東京バス案内』(講談社文庫)は、そこそこ良かった。
 軽い文体もあまり気にはならなかった。
 だが、本作はいけません。彼の軽い文体が全てに於いて悪い方向に。これは「紀行コラム」である。
 都会では人も多いし、色々なものがあったのでネタに事欠かなかったのが、田舎に行ったら何もなくて書くこと無いぞ、みたいなことになっちゃったのかなと思わせるような一冊です。
 ローカルバス紀行なら、宮脇俊三『ローカルバスの終点へ』(洋泉社新書y)があるので、そちらをご一読されたい。
 そのあとに、本作を読めば、わたしの言っている意味がご理解いただけると思う。

 こんなものにカネを払ったのか、俺は。
 これを収録した筑摩書房の担当の気が知れない。
 しかもなんと、単行本はJTBである。
 おいおい、である。

 ちなみに、本作は品切れです。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリー
月別アーカイブ
Twitter
プロフィール

syuusui

Author:syuusui
鉄道趣味者 国内私鉄派
写真者詭道也 則広角馬鹿

EOS 5D MarkIII
EF8-15/4L Fisheye
SIGMA 14/1.8 Art
EF40/2.8
TAMRON SP 70-300/4-5.6 Di VC USD
等々

EOS kiss X7i
SIGMA 18-200/3.5-6.3(Contemporary)

CONTAX Aria
CONTAX AX
Distagon 4/18
Distagon 2.8/35
Tessar 2.8/45
Planar 1.7/50
Sonnar 2.8/85
Tele-Tessar 4/200

ブログ内検索
日めくりカレンダー
ライオンズニュース
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック