阿川弘之『米内光政』(新潮文庫)

日本軍というとどうしても悪いイメージになってしまいます。先の戦争では散々色々やらかした挙げ句に負けたのだから、もう最悪です。
その戦争に、負けるに決まってると言った日本軍人が少数います。この米内光政もその一人です。
今度映画になる山本五十六の上司で、最後の海軍大臣です。
日本の終戦のため、粉骨砕身努力し、日本海軍の幕を引いた一軍人の生涯を描く、阿川弘之「海軍三部作」の一つがこれです。

昭和天皇の信任も殊の外厚かったと言われています。
日本軍人にもこんな良識のある人がいたのかと、感銘を受けることと思います。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
月別アーカイブ
Twitter
プロフィール

syuusui

Author:syuusui
鉄道趣味者 国内私鉄派
写真者詭道也 則広角馬鹿

EOS 5D MarkIII
EF8-15/4L Fisheye
SIGMA 14/1.8 Art
EF40/2.8
TAMRON SP 70-300/4-5.6 Di VC USD
等々

EOS kiss X7i
SIGMA 18-200/3.5-6.3(Contemporary)

CONTAX Aria
CONTAX AX
Distagon 4/18
Distagon 2.8/35
Tessar 2.8/45
Planar 1.7/50
Sonnar 2.8/85
Tele-Tessar 4/200

ブログ内検索
日めくりカレンダー
ライオンズニュース
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック