内田百『第一阿房列車』(新潮文庫)

 宮脇俊三氏が作品の中で百間に触れていたのに興味を持ち、福武文庫版を購入。
 最初は率直に言ってつまらなかった。
 二度、三度と読み返す内に面白くなった。
 どこかへ行って、帰ってくるだけなのに、こんなに面白いのはやはり文章の力か。

 旅のお供にもお勧めです。電車に揺られてページをめくれば、一層百間先生に感情移入できるかと思います。


 ちくま文庫からも『阿房列車』が出ていますが、『第三阿房列車』の作品が欠けています。
 『阿房列車』シリーズを通しで読むなら新潮文庫版がお勧めです。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
月別アーカイブ
Twitter
プロフィール

syuusui

Author:syuusui
鉄道趣味者 国内私鉄派
写真者詭道也 則広角馬鹿

EOS 5D MarkIII
EF8-15/4L Fisheye
SIGMA 14/1.8 Art
EF40/2.8
TAMRON SP 70-300/4-5.6 Di VC USD
等々

EOS kiss X7i
SIGMA 18-200/3.5-6.3(Contemporary)

CONTAX Aria
CONTAX AX
Distagon 4/18
Distagon 2.8/35
Tessar 2.8/45
Planar 1.7/50
Sonnar 2.8/85
Tele-Tessar 4/200

ブログ内検索
日めくりカレンダー
ライオンズニュース
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック