不遜の影はこれ?

 芥川賞受賞の田中慎弥の、「もらって当然」。
 シャーリー・マクレーンのパクリだそうだが、大丈夫なんでしょうか、この人。
 ガチなら不穏なものを感じます。
 芥川賞をとったあと、コンスタントに活躍出来た人って、何%くらいなんでしょう。

 年齢みたら39やんけ。
 39って阿川弘之が『群像』の大久保房男に「てにをは」から直されていた頃に近いのでは?
 不遜にも程がある。
 と、思ったら、この話伏線があったんですね。どういうことかというと、
 銓衡前に、石原慎太郎が「バカみたいな作品ばかり」とコメントしていて、恐らくこの人それを根に持って、だから「都知事閣下と都民各位のために、もらっといてやる」とインタビューに答えたんだろう。そしたら嬉々としてインタビューに出そうだから、違うのかな。

 石原は芥川賞の銓衡委員降りるみたいですね。
 降りる理由は刺激がないからではなく、たぶん石原は田中を買っていなかった。
 にも関わらず、受賞しちゃったから、そんなら降りるというのが真相ではないかと推測。

 まあ、実に日本文壇らしい光景ではある。売り言葉に買い言葉、昔の文士もやってますからなあ。
 志賀直哉vs太宰治とかね。


 話のついでに。
 吉村昭が同人時代、何かの賞をとって地方から仕事を辞めて上京してきた人を見て、「こりゃだめだ」と思ったそうです。理由は良く覚えてないけど、筆一本で食えるかどうかなんて、一つ賞をもらったぐらいで保証できない。だから、仕事を辞めてはいけないとこういう趣旨だった気がします(『私の文学漂流』(新潮文庫)に載ってます)。吉村自身、下積みは長いし、生活のためのリーマン生活も長かったですからね…。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリー
月別アーカイブ
Twitter
プロフィール

syuusui

Author:syuusui
鉄道趣味者 国内私鉄派
写真者詭道也 則広角馬鹿

EOS 5D MarkIII
EF8-15/4L Fisheye
Carl Zeiss Distagon 2.8/15
SIGMA 20/1.4 Art
Voigtländer ULTRON 40/2 SLII N Aspherical
EF70-200/4L IS
TAMRON SP 70-300/4-5.6 Di VC USD
EXTENDER EF1.4×III
EXTENDER EF2×III
等々

EOS kiss X7i
SIGMA 18-200/3.5-6.3(Contemporary)

CONTAX Aria
CONTAX AX
Distagon 4/18
Distagon 2.8/35
Tessar 2.8/45
Planar 1.7/50
Sonnar 2.8/85
Tele-Tessar 4/200

ブログ内検索
日めくりカレンダー
ライオンズニュース
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック