藤枝静男

 阿川弘之が、文章のことで怖がった志賀門下の一人(他に瀧井孝作)。
 そういうわけで、避けていたというかそもそも読もうにも手軽に文庫一冊ないような状態で、文学全集の類は読むのに目が疲れるので、縁がなかったのだけど、たまたまネットで、作品の一節を引いているサイトがあって、それを読むと俄然読みたくなってきた。ほんの三行くらいなのだけど、もうこれで「んっ?」と思わせる、強さがあった。
 とりあえず一冊注文したので、通しで作品を読んでみて、ファーストインプレッションが間違っているかどうか確かめたい。
 あといつの間にか尾崎一雄の『単線の駅』が文庫化されている。これも注文。

 文庫に収録したのは、いつも高い高いと悪口を言っている、講談社文芸文庫です。すいません。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー
月別アーカイブ
Twitter
プロフィール

syuusui

Author:syuusui
鉄道趣味者 国内私鉄派
写真者詭道也 則広角馬鹿

EOS 5D MarkIII
EF8-15/4L Fisheye
SIGMA 14/1.8 Art
EF40/2.8
TAMRON SP 70-300/4-5.6 Di VC USD
等々

EOS kiss X7i
SIGMA 18-200/3.5-6.3(Contemporary)

CONTAX Aria
CONTAX AX
Distagon 4/18
Distagon 2.8/35
Tessar 2.8/45
Planar 1.7/50
Sonnar 2.8/85
Tele-Tessar 4/200

ブログ内検索
日めくりカレンダー
ライオンズニュース
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック