なぜ今、この人を?

 今日か昨日の何新聞だか忘れたが、東峰夫という芥川賞作家の紹介があった。
 受賞作は『オキナワの少年』(1971年)。その後、編集者の求める、「書いて欲しい」作品と自分が「書きたい」物との溝が埋まらず、「消えた」作家になった。
 その「書きたい」というテーマが、「夢」なんですな。漱石か、百間か。
 「出版のメドはない」と新聞にはあったけど、文芸同人とかまだ細々とあるはずで、発表の媒体を選ばなければいいのでは?と思ったのだけど。っていうか、00年代に『群像』で書いてるじゃないか。
 発表のアテのない文章を書き続けるということは、世に問う欲はあるのだろう。その気が無ければそもそも書かない。趣味の範疇ならあり得るが、それなら、新聞記者に愚痴る必要はどこにもない。
 なんか、厨二病なままここまで来ちゃいましたという感じがしてならないのですが。
 編集者に逆らう俺カコイイ!みたいな。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリー
月別アーカイブ
Twitter
プロフィール

syuusui

Author:syuusui
鉄道趣味者 国内私鉄派
写真者詭道也 則広角馬鹿

EOS 5D MarkIII
EF8-15/4L Fisheye
Carl Zeiss Distagon 2.8/15
SIGMA 20/1.4 Art
Voigtländer ULTRON 40/2 SLII N Aspherical
EF70-200/4L IS
TAMRON SP 70-300/4-5.6 Di VC USD
EXTENDER EF1.4×III
EXTENDER EF2×III
等々

EOS kiss X7i
SIGMA 18-200/3.5-6.3(Contemporary)

CONTAX Aria
CONTAX AX
Distagon 4/18
Distagon 2.8/35
Tessar 2.8/45
Planar 1.7/50
Sonnar 2.8/85
Tele-Tessar 4/200

ブログ内検索
日めくりカレンダー
ライオンズニュース
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック